少ない保険

男女の握手

うつ病に対する保険は現在では非常に少ないものです。しかし、今後はうつ病に対するサポート体制を整えるための保険が充実される事が予想されます。 うつ病とは、現在では、非常に認知度の低い病気ですので、怠けているだけなどと思われがちですが、立派な病気な事が医学的に証明されてきている現状にあります。そのため、病気としての認知度はこれから上がっていく事が予測されており、それと同時に保険も充実する事が予想されます。 うつ病で保険を利用する事が出来るサポート体制を整える事で、病人の治療を早くする事が出来る事や生活のサポートをする事が出来るようになる事が期待されています。現在では多くの保険がうつ病の対応を良い方向にしている事から、今後はうつ病でも安心して保険を利用する事が出来るようになります。

うつ病の人は、症状が悪化して入院したり、生活習慣病などの他の病気にかかるリスクが健常者よりも高いため、通常の医療保険や死亡保険に入ることは難しくなります。 しかし、うつ病でも入れる保険は存在します。引受基準緩和型の保険がそうです。ただし、引受基準緩和型は、通常よりも保険料が高めになってしまいます。 無選択型の保険では、告知書の提出をせずに入れる保険なのでうつ病でも加入できます。ただし、こちらはさらに保険料が高くなっていますので、お勧めしません。 特定の病気を不担保にし、他の病気へ備えたいという人のために、指定疾病負担制度という制度もあります。うつ病の場合では、うつ病による保険はもらえませんが、他の病気にかかったときはもらえます。こちらは保険料が安くすみますので、お勧めです。